2019年05月07日

◆全小九州大会の結果です。

こんにちは、春日公園TSの池田真彦です。

いつも春日公園TSのブログをご覧いただき有難うございます。

今日は快晴で綺麗な青空ですね(´ω`*)

全小九州大会の結果です。

シングルス

9位 力武朋也

11位 森西晃太朗

ダブルス 

3位 黒木・坪田(天拝小)

九州小学生4年生テニス選手権

ベスト16 大野 凌雅


シングルスは、3選手とも、

2回戦負けとなり残念でした。

私の担当の選手が、

初めて全小九州大会に出場したのは、

2009年今から10年前でした。

歳とりました(○´艸`)

小学5年生が3回戦敗退のベスト16でした。

2010年には、

シングルスの優勝は逃したものの、

準優勝・3位・4位・6位、女子4位となり、

ダブルス優勝・準優勝となりました。

今と違って、九州枠は4本でした。

全国出場を目指し、

なんとか勝ち上がろうと必死でした。

って過去の栄光で、

素晴らしい選手達だったんです・・・

ってなわけないです。

環境と時代は変わりましたが、

ふてくされる、プライド高い、言うこと聞かない、

甘えん坊、勘違い、やりたいことやる、

苦手なこと、キツイことやらない等、

過去でも現在でも、

思考の変化は観えますが、

根本は変わらないですね。

センスがあって勝手に勝ってきてくれる選手なんて、

いませんでした。

過去も今もです(●゚д゚●)



写真撮影では、

ともや・こうたろう達、

あれ、賞状は・・・?と、

そうしと茶化すと、

敗退した第一シード達、

やっと悔しさが芽生えてきたらしく(○´艸`)

ダブルス3位になり、

輝いている、そうしに負けないよう、

必ず這い上がってくださいね。

私も教えている選手が敗けて、

悔しい気持ちが持てるので、

まだまだ選手担当の指導者はできそうです。

第一線で育成をやっている指導者からすれば、

今の私は、なんちゃって育成コーチかもしれません。

環境も変わり、時代も変わりましたが、

考え方を変えて、

対応していくしかありません。





やっぱり大事なのは今でしょ。

センスがなかろうが、性格に難ありだろうが、

考え方が幼稚だろうが、甘えん坊だろうが、

第一シードで敗退しようが、

また結果出せば、

世界は変わる。

やることつらぬき、

勝負するだけ。



現状に満足せず、

選手も指導者もやるだけ。

目標に向かって、

情熱を失わず、悔しさ忘れず、

諦めず挑み続け、

自分の信じた道を突き進んでいきましょう!


春日公園TS 絶対、はい上がる 池田真彦









  


Posted by 春日公園テニススクール at 15:04Comments(0)最新情報日記